伊豆土産としてテレビで話題になっている“花チーズ”


花鰹を削る技術を用いて、鱈のすり身が入った鱈チーズ珍味があるのを皆さんはご存知だろうか?
 

伊豆へ行かなくても“花チーズ”は日本平サービスエリア下りで販売されている。


タラちゃんの似顔絵が超美味い!さぞかしチーズも美味いと思われるポップだ。


ここで買えば通販で買うよりもはるかにお買い得だ。


▼種類も豊富で試食し放題だ!
花チーズ(レッドチェダー)
価格:450円(税込)

 
花チーズ(薫製)
価格:450円(税込)


花チーズ(プレーン)
価格:450円(税込)


花チーズ(オニオン)
価格:450円(税込)


花チーズ(ブラックペッパー)
価格:450円(税込)


このチーズは、かつお節のように透き通るほど薄く最初見た時は、イカのおつまみか?と勘違いしてしまったが列記としたチーズだった。今回は燻製・レッドチェダー・プレーンの三種類を購入した。


花チーズはそのまま食べてももちろん美味しいが、料理のトッピングとしても使える。


▼kobu’sキッチン
・チーズパスタってどう?

僕が料理に使うとしたら、まずはイタリアンとしてチーズたっぷりパスタを推奨する。まずパスタを茹でたら、ゆで汁をお玉一杯残して麺上げし、塩とブラックペッパーで味付け。そこに花チーズを上からふりかければ完成。


隠し味に醤油を入れてもgood!湯で時間含め15分もあれば完成してしまうお手軽イタリアンだ。


・定番のカレーにトッピングなんてのは?
カレーライスの上から花チーズをまぶして熱い内にカレーライスと絡めれば濃厚さ倍増のコクのあるチーズカレーに変身だ。


具はこだわりこそないが、ツナカレーとの相性が良いと個人的に感じている。


・チーズネギ猫まんま美味し!
ご飯の上にかつお節をかけたものを、そんな屈辱的な名前で呼ぶ人がいるが、馬鹿にしてはいけない。


僕が提案するのは、ご飯の上に花チーズ・刻みネギ・かつお節の順で乗せ、醤油をてっぺんからかければ、立派な逸品丼になると自負している。是非お試し頂きたい。


まとめ
おつまみだけにとどまらず、是非この花チーズを使ってチーズの奥深さを味わって頂きたいと思っている。また、この花チーズは通販でも購入が可能なので騙された!と思って購入して頂きたい。



■富士川SA(下り線)
▼住所
〒421-3305 静岡県富士市岩淵舟山1224
▼電話
0545-56-2122