鎌倉観光でグルメと言われたら江ノ島にある人気しらす専門店“とびっちょ”をおすすめする。


食べログの口コミでもかなりの評判だが、江ノ島で唯一閉店まで行列が絶えない店であることは間違いない。さっそく良かったところをご紹介していこう。


▼待ち時間を短縮して計画的に待つべし!
待ち時間が少なくすむ方法がある。それは2週間〜前日までであれば電話で予約が可能なのだ。前もって江ノ島に渡ることが計画にあれば事前に電話予約していこう。ほぼ待ち時間なしで入れるはずだ。


また急遽立ち寄った方でも、整理券を機械で自動配布し待ち時間がどの程度か、わかる仕組みになっている点、時間を有効的に使えるのでオススメしたい。


ただ待ち時間には前後に幅があり、予想よりも20分も前倒すこともあれば、回転率が悪く待ち時間が延びることもある。行楽シーズンだと120分待ちという悲惨な目にもあったことがあるのでそれなりの覚悟を持って待ってもらいたい。整理券をもらい損ねると受付すら取り合ってもらえないので注意が必要だ。


▼豊富なメニューで迫力満点!
しらす専門店なので“生しらす”や“釜揚げしらす”・“桜海老”など江ノ島の特産品をを使った海産物の丼をメインに、揚げものメニューや、しらすを使った加工品なども充実している。


その他、寿司・刺身や汁物もあり、寒い季節には身体を温めるのにもってこいだ。


お子様ランチもあるので小さいお子さんがいても大丈夫そうだ。


▼kobu’sセレクション
しらす入り玉子焼き。


甘めに味付けされた玉子焼きでしらすとの相性がよかった。



しらす入りさつま揚げ。しらすの香りが立ち上った。お酒のおつまみに最適だ。


桜海老としらすのかき揚げ。


釜揚げしらすがトッピングされている。


待ちに待った、しらす丼が登場。生玉子か温泉玉子をチョイスすることができる。


とびっちょ専用の丼は非常に大きい。はじめて入店する女性はまず、その巨大さに驚くかもしれない。


画像手前には、しらすの釜揚げがこれでもか!とドカ盛りで盛られていた。奥の野菜はサラダだった。


しらすが若干おおぶりだった気がした。季節的なものなので致し方ないのかもしれない。鮮度が良ければ生しらすにありつけるようだ。


青さのりの味噌汁も丼ものにはもれなくついてくる。


食べきれなかった揚げ物を今回お持ち帰りすることができた。お持ち帰りには一定の条件があるようなのでご注意頂きたい。たしかに夏場にナマモノを持ち帰るのは抵抗がある。


僕は、天ぷらを持ち帰る度に、麺つゆ・砂糖・お酒・水で揚げ物煮(天ぷらの煮物)を作る。これをご飯の上にかければ立派な一品になる。好みで青海苔と七味をかけて完成だ。これなら火が再度入るので食あたりを防止することができるのでオススメだ。


▼お得なクーポンもあるぜ!
PCからアクセスされる方はコチラからクーポンをGET! 
携帯からアクセスされる方はコチラからクーポンをGET! 

まとめ
江ノ島にある飲食店は、だいたい夜7:30にはどこもラストオーダーで、ここ“とびっちょ”は最後まで行列が絶えないお店だった。twitterを駆使していたり、整理券配布にハイテク機器を導入していたりと、お客を待つ他の店よりも、積極的にお客を獲得しようとする気合が強く感じられるお店だ。 他にもしらす丼が食べられる店にかつて入ったことがあるが、やはり“とびっちょ”ほどの元気がなく他店を圧倒する仕掛けがあちこちにあるので是非、江ノ島に行った際はお立ち寄り頂きたい。