鎌倉江ノ島日帰りデートで歩き疲れて、寒く冷えきった身体を温めるべく、温泉を探していたところ前から口コミでも話題になっていたスパリゾートが江ノ島にあったので試しに行ってみた。




こちらの記事もどうぞ!→【江ノ島デートスポット】えのすぱグルメ“アイランドグリル”でバレンタイン! 

場所は江の島の入口を正面に見て、すぐ右手に位置する通称“えのすぱ”。


4種類の温泉(炭酸泉含む)・プールエリアでは10種類のプール、ウォーターパールショウやアウフグースなどのアトラクションなどがある。


取れたて三浦野菜や地元の海産物を利用した地産地消型レストランの他、プールエリアには開放感あふれるカフェでの食事も可能。


また一人ひとりのコンディションにあわせた運動プログラムや各種療法を用意したメディカルセラピー&スパ(会員制)では新しいスパの可能性に取り組んでいる。


そんな中、今回はヒーリング効果のあるプールと温泉にスポットを当てて紹介しようと思う。

▼口コミ通り空いているスパだ!
江ノ島は年中人が多く、どこへ行っても混雑いる。


しかしココは超穴場だった!めちゃくちゃ空いているのだ!子供の入場に規制をかけているため家族連れには厳しく、カップルや夫婦をターゲットにした設定なのだろう。しかし、あまりにも空いているので経営状態が不安だと思うのは僕だけだろうか?



▼一年中水着でプールに入れる!カップルに嬉しいスパだ!
温泉は混浴ではないが、プールは男女ともに水着着用であれば利用できるスパだ。水着も持ち込みもできるし、レンタルすることもできる。手ぶらで入れるのがここの特徴だ。可愛い彼女と行けば、一年中彼女の可愛いビキニ姿を拝むことができるため、男性にはある意味嬉しいスパでもあるはずだ。
胸元フリルが超キュート☆水着☆ビキニ上下2点セット (Lサイズ, ブラック)

ただし、やましいキモチで1人プールに行ったとしても、あまりにも人がいないので、夏の湘南のビキニのような眩い光景には巡り会えないので、くれぐれも1人で行かない事をオススメする。僕が行った時は老夫婦の仲睦まじい姿を拝むことができ、ある意味癒やされたw
レディース水着/ガールズ水着/スイムウエア/ 3点セット/温泉/岩盤浴/三角ビキニ/ビーチ/夏/海/三点セットX1214 オレンジ色 Mサイズ

▼景色が最高!絶景富士山の夕暮れを見よう!
富士山に夕日が沈む様を偶然にも見ることができた。


運が良ければ富士山の笠雲も見ることができるので運試しにいいかも知れない。


富士山と街の夕夜景も見ものだ!


また、夜はイルミネーションがキレイだったりもする。


彼女との二人だけの離島の夜景を楽しもう♪


▼スパだけあって料金が高い!
正直スパというところが、はじめての経験だったので相場がわからないが、口コミを見ても実際行ってみた感想としても大人料金2650円はさすがに高い気がしてならない。ある種特殊な立地条件にあるから仕方がないのかもしれないが、昨今のスーパー銭湯の充実さを目の当たりにしてしまうと、この料金は少し躊躇してしまう額だと思っている。ただ、最愛の人との大切な時間を過ごす分には良いのかも知れない。


ぼくは幸いにも会社の福利厚生であるベネフィット・ステーション - Benefit Oneに加入している為、安く入ることができたが、他にもJAF会員や割引クーポンもあるので事前に調べて、お得に入ることをおすすめする。


■江の島アイランドスパ
▼所在地    
神奈川県藤沢市江の島2-1-6
▼問合先    
0466-29-0688
▼交通(電車)    
小田急電鉄片瀬江ノ島駅→徒歩10分。または江ノ島電鉄江ノ島駅・湘南モノレール湘南江の島駅→徒歩14分経路検索
▼交通(車)    
横浜新道上矢部ICから国道1・467号経由で15km30分
▼駐車場    
なし/島内の公共駐車場を利用、割引サービスあり
▼料金    
大人2650円(7・8月のみ土・日曜、祝日は3150円)、小学生1200円(7・8月の日曜除く土曜、祝日は1500円)
▼営業時間    
10~22時(通常期3~11月、冬期は~21時)、子ども(小学生)は日曜のみ利用不可(要問合せ)、幼児(未就学児)の入館不可
▼定休日    
無休(年2回メンテナンスによる臨時休業あり)
▼予約
不要
▼お風呂
・内湯:男1・女1・混浴1(水着着用)
・露天:なし
・水着ゾーン:プールエリア無料(入館料に含む)
▼備品
タオル:無料
バスタオル:無料
石けん:無料
シャンプー:無料
ドライヤー:無料
鍵付きロッカー:無料

大きな地図で見る