鎌倉日帰り観光コースおすすめ!
皆さんは、どんなルートで鎌倉観光していますか?僕のオススメルートを電車の駅でいうと、地元駅発→北鎌倉→鎌倉→(七里ヶ浜)→江ノ島→藤沢→地元駅着というコースだ。その中で、行きたい観光スポットを決めて徒歩・バス・電車を上手く駆使して廻っている。このルートの特徴は電車の混雑をなるべく回避する為の廻り方なので一度お試し頂きたい。今回は、テレビ東京で2013年12月28日に放送された、『出没!アド街ック天国~お正月行きたい!鎌倉SP~』でも紹介された、北鎌倉下車して徒歩5分にある“かまくら口悦”という会席料理の専門店をご紹介する。

かまくら口悦はランチのみの営業。


道路に面しているのでお店は見つけやすい。近くにこれも鎌倉では有名“鉢の木”がある。


メニューも全6種類で内2種類はコース料理。


あとは、お精進膳として(温石:1500円/好楽:2400円/浄味:2000円/姫懐石口悦:3600円)4種類、迷う心配がないのが嬉しい。


アド街で紹介されていたお正月の特別メニューは“おめでた”をコンセプトにしたコースがあったのだが、正月明け3連休ということもあり、既に終了していた。


今回は、先々のことを考えて“好楽:2400円”をオーダー。ご飯とお味噌汁がついているコースだ。


会席料理ということなので、おちょうしも一本つけてもらった!


1月はお正月月間ということで、ニシンの昆布巻きや、たつくり・黒豆・数の子といった、おせち料理の数々を楽しむことができる。


精進料理の醍醐味、ゴマ豆腐。まったりとしたコクのあるお味で口の中に入れるとへばりつき、飲み込もうとすると未練を残して行く様な喉越しと舌触りだ。


切り干し大根もあっさりとした中に七味のピリッと効いた味わいに目が覚める思いだ。


なんてことない香の物だったはずだが、ご飯をススメる役者として立派に存在感をアピールしていた。


会席料理の大根を炊いたものは初めての体験だったが、中までじっくり味が染み込んでいるのはもちろん、冷めても美味しいように薄味に仕上がっており、美味しいおつゆが口いっぱい広がるところがたまらない。


お刺身も、海が誓いとあって鮮度は抜群だった。鰤の海苔巻きがとくに印象的だった。


赤だしだったが、三つ葉が入っているおかげであっさり最後まで頂くことができた。


おかわり自由のご飯。割烹料理屋だけあってご飯が甘く非常に甘い。調子に乗って2杯おかわりしてしまった。


まとめ
予約をしたのが11:30で開店と同時に入店したため、朝飯を抜いてブランチとして頂いた。食べ歩きの方は、ここでお腹いっぱいにすると後がつかえるので、軽めに頂くことをオススメする。しかし、北鎌倉からハイキングを兼ねた旅行者であれば、ガッツリご飯を頂いてから臨むことができるので旅行用途によって食べる量をコントロールできる会席料理屋だと思っている。

また、お店の女将さんも非常に気の利く方でリピーターが多いのもうなずける。女性一人でも入れる落ち着いた雰囲気なので、是非一度足を運んで頂きたい名店だ。 

かまくら 口悦
昼総合点★★★☆☆ 3.4

関連ランキング:懐石・会席料理 | 北鎌倉駅