新幹線に乗るとついつい買ってしまうのが車内販売のワゴン“アイス”だ。270円(税込み)スジャータで有名な、めいらくグループ商品で、なんでも新幹線が開通するにあたって目玉商品として開発されたという由緒ある逸品だ。


東北(東日本)、東海、山陽(西日本/新大阪‐博多間)の各新幹線の車内だそうだ。


▼実は豊富なラインナップ!?
味はバニラ、抹茶、コーンポタージュ、ストロベリー、モカの全5種類と一般的に言われているが、東京~大阪間を往復しているとバニラしか販売されていないことが多い。そんな中、偶然にも静岡あたりを走行中、静岡はお茶とみかんの生産地として名高いからか、偶然にも“抹茶”と“みかん”味に遭遇した。


▼注意!固いアイスのワケ
車内販売のお姉さんがいつも『固いので注意して下さい!』と注意勧告してくれるのだがこのアイスは非常に固い!しかし、この固さには理由があって、濃厚で奥深い味わいにするため、空気の含まれる量を少なくしており、他のアイスに比べ密度が高くなっているとのこと。


加えて、旅のお供にゆっくり味わってほしいという願いがあるそうだ。買った直後に急いで食べようとするとプラスチックのスプーンが折れることもあるので注意が必要だ。


▼じゃぁ、いつ食べるの?5分後でしょ!
ナイスなアイスの食べ頃だが、夏場は手の温度で溶かせば3分ほどで食べられるが、冬場はテーブルの上で5分置いておき、カップの周りについている霜が溶けかかった頃が食べ頃と思っている。


こればっかりは個人の好みの固さがあると思うので食べ頃を自分で見つけてもらいたい。


▼通販サイトあり!
日頃から新幹線に乗らない方は、通販でも購入可能。家庭で新幹線のあの味を堪能してみてはどうだろうか?