名古屋名物スパゲティといえば“あんかけスパゲティ”を連想する方がいると思う。


なんでも“あんかけスパ”は昭和30年代に名古屋が発祥といわれており、味が濃いメニューとしてあまり外部へ広がることなく名古屋人のソウルフードとして愛知県内に定着したようだ。


そんなソウルフードを名古屋市内で探してチャリンコをこいでいると、チェーン展開している“チャオ”に出会った。


秋限定商品があるということは、レギュラーメニューの他にも色々と楽しめそうな雰囲気を軒先から感じることができる。


入店するやいなや、メニューを渡された。


あんかけスパの代表格“ミラカン”が紹介されていた。


ミラカンとは、ソーセージのトッピングを意味する“ミラネーズ”と、野菜のトッピングを意味する“カントリー”の融合したものだ


その他、あんかけスパのメニューはたくさんあり、悩みに悩んだ挙句。。


ミラカンにハムエッグをトッピングして欲張ってしまった。


昭和のメニューだけあって、赤ウィンナーや赤いハムといった今どき味わえないような食材を使っており、一気に懐かしさが込み上げてくるような印象を受けた。


味の方は、簡単に例えるなら中華料理の“あんかけ”をイメージして頂いた上で、太麺のスパゲティにドロッーとしたデミグラスソースのようなソースがかかっていると思って頂ければと良いと思う。コショウが効きすぎて食べるのがしんどいという方もいらっしゃるようだが、ここのお店のあんかけスパは実にマイルドな味わいだった。

まとめ
老舗が考案した元祖の味に手を加えて更に受け入れられやすい形に昇華させたのだと思った。名古屋にお立ち寄りの際は是非、このミラカンをご賞味頂き、異文化体験してみてはどうだろうか。