名古屋では朝早くから喫茶店が開店しており、コーヒーを頼むと、トースト・ゆで玉子・サラダなどがサービスでついてくる“モーニング”というセットメニューを無料でつけることができる。



今回、名古屋に住んでいながら関東でも有名喫茶店チェーン:コメダ珈琲には行かなかった。なぜなら他にも素敵なモーニングを頂くことができる喫茶店が数多く名古屋には存在するからだ。その一部を3店舗タイプ別に紹介しようと思う。

▼個人店
・350円のコーヒー1杯頼むと、モーニングのセットが付けられる。

 
内容は、パン・ゆで玉子・サラダだ。ただ、個人店の場合は、パンを自宅で焼いているので個性がでる。


僕は、社宅から徒歩0分道路挟んだ向かいにあるカフェを見つけて通っていた。


ご自宅を改装してカフェを経営されており、地元住民でにぎわいをみせていた。


モーニングを提供する時間が過ぎてもシフォンケーキやお手製菓子パンが味わえるので毎日通っても飽きることがない。


▼新型チェーン店
・既存のモーニングをもっと華やかに、ボリューム感を出すようにと新しい息吹を入れようと試みている。


モーニングにしては価格が高い分、朝食がしっかりとれるファミレスが少ない清須市では駐車場があるチェーン店カフェが重宝される。




今回、僕は珈琲に+200円してベーコンエッグのセットをオーダー。パン2枚・ベーコン2枚・目玉焼き2枚・サラダ・ヨーグルトがついてかなりお買い得なセットだ。


バターの香りが眠気を取っ払ってくれる。


トロトロ半熟玉子にベーコンをディップして頂く。これはもう黄金の組み合わせだ。


塩こんぶがサラダに乗っていてなかなか味わい深い。なにか一手間かけることで美味さって増すものだと痛感した。


珈琲をオーダーしたのに紅茶のようなセットが来て面食らった。こういう珈琲は初めてだ!コーヒーはマンスリーコーヒーでパプアニューギニアの珈琲をオーダー。


砂時計が落ちたら飲み頃ということなのでしばし待つことに。2杯は取れるのでこの珈琲はオススメだ。


メニューの中に、こだわりを紹介しており、珈琲好きにはたまらない。


喫茶店特有の暗さをとっぱらい、朝早くても喫茶店の中は温かみがある作りになっている。


朝からデートに使うのもありだと思う。


▼老舗チェーン店
・名古屋の中心街にあり、地元の常連や若者が入り混じっており、観光客もきていた。このお店の看板を見てわかるようにモーニングとは、もはや朝だけのものではなく、夕方までやっており、名古屋のモーニングを広く知ってもらう為の広告塔のような役割もされていた。


オーダーしたのはモーニング。ここではサラダの代わりにお菓子が提供された。しかもここはモーニングの種類も豊富で低価格で選ぶのが大変だった。


まとめ
コメダ珈琲とは路線が違うが、名古屋の文化を様々な形で継承しているのだと感じた。自分の足でお気に入りのカフェを見つけるべく散歩できるのも名古屋ならではの楽しみ方なのかもしれない。

■珈琲元年 清須店
▼TEL
052-857-7222
▼住所
愛知県清須市西田中長堀101
▼交通手段
尾張星の宮駅から646m
▼営業時間
7:00~23:00
▼定休日
年中無休
▼TEL
052-551-3865
▼住所
愛知県名古屋市中村区名駅南1-24-21 三井ビル別館B1
▼交通手段
各名古屋駅から徒歩4~5分ほど。利用する改札によって異なる。
笹島交差点南東(名古屋駅の真向かい側)を下りる。
近鉄名古屋駅から254m
▼営業時間
8:00~18:00(喫茶)、18:00~20:00(ダイニング)
朝食営業、日曜営業
▼定休日