愛知県清須市にはあの“清須会議”で有名清州城があるが、すぐ近くにはキリンの名古屋工場がある。工場見学は写真撮影がダメな部分があって画にならないのでキリン直営レストラン“BREWER'S HOUSE”についてご紹介する。


 
秋晴れの中、サイクリングに出掛けた。


遠く御岳山が見える清須市。自宅から北へ北へと走らせた。


アルコール飲料の工場見学はこれで3社目で。なにげに僕はキリン党なので念願を果たせた。


しかし、工場見学の受付はすでに終了。残念。。


しゃーないので、レストランでキリンの蔵出し一番しぼりでも飲んで帰ることにした。夏だからビールが美味いというが、寒くたってビールはやっぱり美味いとの事なので、まだチャレンジしたことがないビールを頂くことにした。


ビールにソフトクリーム?!なんてことはなく、キリンの新技術“凍結攪拌技術”により実現した新食感の生ビール“一番搾りフローズン<生>”泡がシャリッと冷たく、これまでにない食感を楽しめる生ビールだった。


また、僕が贔屓にしているビール。キリンブラウマイスターをはじめ、キリンの主力製品が楽しめる。キリン党にはたまらないラインナップだ。


オシャレなビアカクテルもあって、女性客にも受けそうだ。


試しにレッド・アイをオーダー。実は、トマトジュースが嫌いな方には是非試して頂きたいのは、キリンのトマトジュースだ。青臭くなく塩味が効いてコクがある。是非オススメ!


自分でツートン<生>を作るところから楽しめる。


なかなか泡立たたないので訓練が必要だ。


もちろん、お酒が飲めない方にもソフトドリンクがあるのでご安心頂きたい。


さて、このビールたちに合わせるのは、名古屋だけあって愛知県やお隣、岐阜県のご当地グルメだ。


しっかりと食事もできるので、下戸の方にも優しい。


ご当地ファミレスといったところか、地産地消メニューをテーマに数多くのご当地グルメが堪能できる。


僕がチョイスしたメニューをご紹介すると、名古屋コーチンを使った殿様コロッケ。織田信長も食べた事があるのかな?揚げ物文化って江戸時代初期から広がったみたいだからないかもしれない。


塩味で食べさせるコロッケ。カラッと揚がっており、中から鶏肉の香りが口一杯に広がる。


お次は岐阜県郡上ファンな僕は、明宝ハムとトマトとモッツァレラチーズのジェノベーゼ風をオーダー。


厚切りのハムがトマトとチーズに渾然一体になり、サッパリとした味わいに。また来年も郡上に行きたいなぁ。


寒いので、チーズフォンデュをオーダー。ビールよりもワインが欲しくなる。ワインもキリンブランドがあるので余裕があれば飲んでみたい。


白ワインの香りが残るチーズフォンデュ。この中に飛び込みたいもんだ。


ある意味、やまちゃんや風来坊よりも美味しいと思った手羽先の唐揚。手羽先が大きくサクッとしてB級グルメを昇華させているように感じる。


ビールにはやはり粗挽きソーセージ!燻製香がビールと合うのだと思う。


またまた岐阜名物、明宝ハムのピザ。名古屋と岐阜の往復をこのレストランでできるのはイイ。期待を裏切らない美味さだ。


〆はアフォガード。マクドナルドでも最近取り上げたデザート。アイスの上からエスプレッソを注ぐ苦甘い大人のデザート。


まとめ
下手な居酒屋行くよりも、ここでいろんなご当地名物を食べた方が充実すると思う。しかもさすがキリンだけあって、ご当地名物をより洗練された逸品に仕上げているのでオススメしたい。他にも奥美濃古地鶏・飛騨牛といった東海地区の美味しい食材を使った地産地消メニューもあり、味噌カツ・どてめし・あんかけスパゲティー・海老フリャーもある。

▼TEL・予約
052-400-8260
予約可
▼住所
愛知県清須市寺野花笠100 キリンビアパーク名古屋
▼交通手段
JR東海道線「枇杷島駅」から、無料シャトルバス(定期運行)で約10分。
◆JR東海道線「枇杷島駅」から、城北線で約3分の「尾張星の宮」駅下車徒歩約5分。
尾張星の宮駅から437m
▼営業時間
11:00~22:00(L.O.21:30)
ランチ営業、日曜営業
▼定休日