名古屋B級グルメの一つ、台湾ラーメンの魅力については以前触れたが、最近“台湾まぜそば”というものも流行っているとのことだったので実際行ってみた。



名古屋市内ではあるが、中心地から少し離れたところに行列ができるラーメン屋がある。


11月も後半ということもあり外は寒く、穴場時間に訪問したのにも関わらず並んでいる方がちらほらいる。


待ってる間、見慣れないものが店頭においてあった。


なんと!給茶機があり寒い中並んでいるお客に対して、温かい飲み物を提供する気遣いを感じさせられた。


麺の量に関しても細部に渡り解説してあって、はじめて来るお客に対し分かりやすいお店作りをしている。


メニューも店内に入る前からゆっくり選ぶ時間があり、お店のこだわりを知ることができる。


ということで、このお店のイチオシ“台湾まぜそば”を大盛りで頂くことにした。


芸能人も多数訪れているようで、待ち時間は期待がふくれっぱなしだ。


台湾まぜそばが着丼した。ひき肉をピリ辛に味付けしたものが中央に居座り、卵黄が乗っかっていた。周囲には海苔・ニラ・長ネギ・ニンニクのみじん切り・魚粉がトッピングされている。美しいレイアウトだが。。


混ぜなければならない。ひたすら具を麺に絡ませてから頂くのだが、美味しいそうに写真が撮れないのがこのメニューの特徴だ。


いざ食べてみると、ピリ辛どころか猛烈に辛味が襲ってくる。普通のまぜそばと思って食べると痛い目に会う。台湾ラーメンの派生型なので、相当な辛さを覚悟して食べなければならない。次にニンニク・ニラ・ネギの刺激的な香りが襲いかかってくる。パンチが効いた“まぜそば”という印象だ。


麺を食べ終わった後だが、ここから更にお楽しみがある。(写真がキレイに撮れていない点ご容赦)


ご飯少量サービス!通称この店では“追い飯”と呼ばれているようで、無料のサービスがある。つけ麺でいうところの“スープ割り”だ。残った具を余すことなく堪能するためのサービスが嬉しい。


香りの五重奏をまとったご飯を味わう。麺と違った味わいだ。


まとめ
台湾ラーメンという伝統からの進化か、名古屋の革命的ラーメン屋と感じた。サービスの充実、人への気遣いなど、当たり前のようだがなかなか、やれそうでやれない 。 この店は、若者中心にスタッフを揃えており、そういう新たなチャレンジができる店とみた。これからも、名古屋に若者の息吹を吹き込んで文化の発展に貢献してもらいたいとも思っている。

麺屋はなび
夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:ラーメン | 高畑駅荒子駅八田駅(名古屋市営)