名古屋B級グルメで良くオススメされる庶民のソウルフード“あんかけスパ”と、庶民のご馳走“オムライス”が食べられる店が清須市内にある。名古屋長期出張時、清須市内を散歩していたらランチ時のサラリーマンでごった返している活気あるお店を偶然見つけたので、僕も週一で通っていた。


今回はリーズナブルに食べられる、ここのランチについて触れることにする。お店のメニューを見るとランチがなぜか16:00まで営業していることに驚かされる。しかしながらリサーチしてみると、あの“モーニング”もランチの時間帯までやっているお店があるので慣れるとそれほど驚かなくなる。


ランチのセットにはスープとサラダがついている。


あんかけスパだが、スパゲッティなので太麺の2mmで食べ応えがある。普通盛りで200g、100円プラスして大盛りだと400gとのこと。なぜ300gがないのか不思議に思った。オムライスもパスタ同様のグラム数で驚いた。

お店のご主人に、あんかけスパの定義を聞いてみたところ、スパゲッティが茹で上がったらオリーブオイルと塩コショウで下味をつけたものにデミグラスソース(薄味)をかけ、様々な具が乗ったものだとのこと。これにはそのお店の一家言があるので正確ではないかも知れないが、乗っかる具が何かは店舗ごとに違うとのこと。今回は、日替わりだったのでチキンカツと茹で玉子が乗っていた。


洋食出身のプロのコックさんがこだわるだけあって、チキンカツが揚げたてジューシーだったことに気がつく。ものすごい完成度に舌を巻くほどだ。是非、名古屋庶民のソウルフードだからこそ手が抜けないのかも知れない。


また、別の日にオムライスにもチャレンジしてみた。もちろん、大盛りでオーダー。


この日はカレーオムライスだったのだが、外にかかっているカレーがマイルドでちょっとガッカリするところだったが、中のドライカレーがとんでもない程、香りが良く玉子にスプーンを入れた瞬間から良い香りが噴き出したのだ。それをマイルドなカレーが包み込み上品なお味だった。


また別の日にはホワイトチーズソースと、ひき肉のそぼろとマヨネーズライス。これが飽きが来ないメニューだった。


僕が名古屋長期出張で住んでいたのは、清須市にある西枇杷島(名古屋駅から電車で6分)というところだった。庄内川を越えれば名古屋市だが、あえて街から外れたところに意外な名店があることを知った。


駅の中に踏切があるような超ローカル路線だが、是非近くを通過する際はお立ち寄り頂きたい。


決して、雑誌とかに載ることがなくとも、自分の足で探し店構えを見て食わせそうな店かどうかを見極めるのもグルメ探訪の醍醐味だ。是非、情報に流されることなく自分の5感をフル活動させて散歩してみるのもオススメだ。


シャイロ 西枇杷島店
夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:オムライス | 枇杷島駅西枇杷島駅二ツ杁駅