夏休みで大混雑!と評判の京都水族館。すみだ水族館新江ノ島水族館と同じ運営会社が京都で水族館を2012年3月にオープンさせ早1年数ヶ月が経過したので行ってきた感想をお届けしよう。



京都水族館のコンセプト


“水と共につながる、いのち”海のない京都盆地になぜ水族館?水族館にとって、海は欠かせない存在だがしかし、水生生物が暮らすのは、海の中だけではない。
 
三方を山にかこまれた京都盆地には、山々がもたらす川の恵みがある。市内には鴨川・桂川・宇治川をはじめ、10本もの一級河川が流れ、古くから“山紫水明の都”として独特の川文化を築いてきた。
 
たとえば、平安時代には物資の輸送のために川が整備され、川にまつわる和歌が詠まれた。桃山時代には川床の風習がはじまり、江戸時代には友禅染が登場。京の都はこうやって、川と共に歩んできた。

丹波の山々や芦生原生林に振った雨が湧き水になり、小川になり、やがて大きい川となって、最後は海へ流れ込む。こうした源流から海にいたるつながりと、多くのいのちが共生する生態系を再現しているのが京都水族館だ。 

 
では実際の京都水族館の中をご紹介しよう。まずは川に住む生物からスタートする。


サンショウウオの子供が可愛いかった。


川魚では鮎の次に好物“ヤマメ”


動物のコーナー。あざらしに後ろ回し蹴り?というのは冗談で、アザラシとじゃれ合う飼育員さんとの1コマがなんとも愛らしいかった。


オイラも飼育されたいw


鼻を海面から出してうたた寝している“ごまあざらし”。なんて器用なんだ。


空飛ぶペンギンは圧巻だった。


熱帯魚もたくさんいた。


ぼくが大好きな熱帯魚“くまのみ”もいた。


クラゲのライトアップが印象的だ。


大人気イルカショー。地方からの修学旅行生や近所の保育園児がたくさん来て満員だった。


サメに触れられるコーナー。鮫肌をじかに体験した。わさびはこの鮫肌でおろすと風味が立つとか。たしかにザラザラで気持ちがよかった。


まとめ 
きだと15分、タクシーだと行列する。また車でも行けるが周辺にある有料駐車場に停めなければならないのでここはバスで行くことをオススメする。


・京都市営バス
乗車:京都駅バスターミナル    
降車:七条大宮・京都水族館前
B3のりば:205系統・水族館シャトル    
A3のりば:206系統
C1のりば:208系統
C5のりば:33・特33系統

・京阪京都交通
乗車:京都駅バスターミナル
降車:七条大宮・京都水族館前
C2のりば:2・14・26・26B・26C・28A系統   

通常の2回分の入場料金で、1年間に何回でも入場できる、お得なパスポート。3歳から大人まで誰でもご購入可能。
大人:4,000円     
高校生:3,000円     
中・小学生:2,000円     
幼児(3歳以上):1,200円

京都水族館では、展示だけにとどまらず、ワークショップやバックヤードツアーなど遊びながら学べる体験プログラムを定期的に実施している。京都に住む子どもたちが水と、水に棲む生き物たちと親しめる、そんな総合エデュテインメント(Edutainment)※1型施設を目指している。

※1エデュテインメント(Edutainment)とは?エデュケーション(Education:教育)とエンターテインメント(Entertainment:娯楽)を組み合わせた合成語。近年、博物館や美術館などでは、楽しみながら 学習する手法を表現する用語として認知されている。

▼所在地
〒600-8835
京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)
▼TEL
075-354-3130

大きな地図で見る