アニメ『ガールズ&パンツァー』(通称ガルパン)の舞台となった大洗町の熱気がいまだ冷めやらないらしい。昨年10月の放送開始後から、“聖地巡礼”と称して大勢のファンが訪れ、3月の放送終了後もその数は増え続けているとのこと。ツーリングで大洗町に行ってついでに見てきたので、ちょこっとその感想をお伝えしようと思う。



アハトゥンク・ガールズ&パンツァー: ガールズ&パンツァー公式戦車ガイドブック

アニメ自体の人気とともに、物語や登場人物と連動したイベントやツアーの開催、大洗名産とのコラボ商品の販売など、地元商店街などから次々と発信される企画が、長く続く“ガルパン旋風”の背景にある。


その甲斐もあってか商店街の至る所に設置されたガルパン登場人物のパネルを見て回るアニメファンたちが後をたたないそうだ。東関東大震災の影響をここも受けていたのだ。



というわけで現地に到着するやいなや、訓練支援艦『てんりゅう』が停泊していた。


横須賀に行ったことがない僕ははじめての海上自衛隊の船を見たことになる。

 
この日は艦内見学及び体験航海などができたそうで、事前にもう少し早く情報を仕入れていたら絶対乗っていたのになと後悔した。


いろんな角度から撮影してみたが、かなりの大型船でファインダーにおさまりきらない。


主砲が備わっていたり、大型レーダーの搭載。かなりみどころ満載だった。


このオレンジ色の飛行物体?はなんだろう。おもしろいオブジェがたくさんあった。


また10式戦車の展示もあった。


“ヒトマル”と呼ばれているこの戦車は2010年に製造された最新式の戦車だそうだ。


最高時速70KM/hとあって昨今観たワイルドスピードの戦車の戦闘シーンを思い出した。緊急時のたのもしい車両だ。


ということで主砲を肩に乗せてみた。


また“ガルパン”のあけび役:中村桜さんが、訓練支援艦「てんりゅう」の一日艦長を務めたということで、務め上げた後の彼女を偶然撮影することができた。


彼女は女性自衛官とのガールズトークショーや“ガルパン”に出演している声優陣(渕上舞(西住みほ役)・中上育実(秋山優花里役))との、トークショーを実施していた。


その他、陸自装備品(水際地雷敷設装置、ジープ)の展示及び体験試乗や、第302保安警務中隊との写真撮影会・自衛隊音楽隊の演奏他、様々なイベントがあった。



また、こういう迫力ある画になるイベントに行きたいと強く思った。今年中にはブルーインパルスのイベントにいってみたい。


■一日艦長任命式&挨拶
▼日程
7月14日(日)10:00~ 一日艦長任命式・15:00~ 一日艦長 体験感想トークショー
▼出演
中村桜(佐々木あけび役)

■中村桜×女性自衛官 ガールズトークショー
▼日程
7月15日(月)13:30~
▼出演
中村桜(佐々木あけび役)、女性自衛官の方

■ただいま大洗&さようならてんりゅう トークショー
▼日程
7月15日(月)15:30分~
▼出演:渕上舞(西住みほ役)・中上育実(秋山優花里役)・中村桜(佐々木あけび役)

■大洗 海開きカーニバル
▼日程7月13日(土)~15日(月)
 各日10:00~16:00 
▼場所
茨城県東茨城郡大洗町港中央12-5 大洗町茨城港大洗港区第4埠頭
▼主催
大洗町 海の月間実行委員会(委員長:大洗町長)

大きな地図で見る