昨夏、20万人を超える動員を記録した金魚の水中アートが、今年も日本橋三井ホールにて開催されると聞いて開催当日に夜のナイトラウンジへ行って来た。

 
アートアクアリウム 2013とは?
東京日本橋での開催のテーマは、“江戸・金魚の涼”。江戸時代、日本人に親しまれてきた“金魚”にスポットを当て、和をモチーフにデザインされた水槽と光・映像など、最新の演出技術が融合した水中アートの展覧会だ。

主役である金魚たちは和金、出目金、琉金といったお馴染みの品種から地金、土佐金などの高級品種、珍しく愛らしい頂天眼やピンポンパールなど生きた芸術品を含め、約5,000匹の金魚が古き良き江戸情緒が感じられる水中空間を艶やかで優美に舞い踊る。

今年、本邦初公開となる新作も多数登場し、五感で「涼しさ」と「日本の美」が体感できる空間を創り出すのは、“アクアリウム”と“アート”を融合させた“アートアクアリウム”の第一人者である木村英智さんだ。

本展をはじめ、六本木ヒルズ「スカイアクアリウム」など、これまで150万人以上を魅了したアートアクアリウム・プロデューサー 木村英智の世界観が、日本橋の夏の涼を彩る。
作品紹介をドドンと一気に紹介しよう!

【大奥 OHOKU】
巨大金魚鉢“花魁 OIRAN”の流れをくむ巨大金魚鉢シリーズの大作。


金魚を愛でる文化が花開いた江戸を象徴する“大奥”を表現した、幅約3mにわたる複合的な作品。


多くの女性が自らの美を競い合う豪華絢爛な世界を表している。


そして美と艶を輝かせながらも、どことなくはかなげな生き様を、妖艶に泳ぐ金魚と重ね合わせている。


【キモノリウム KIMONORIUM】 
着物水槽“屏風水槽 BYOBURIUM”の流れをくむ、映像とリアルな金魚が融合する作品。


京都の伝統工芸品である“京友禅”の最高峰の着物を水槽に埋め込み、その上に着物の柄を生きた金魚と3Dプロジェクションマッピングで表現。


京友禅で描かれた世界から動き出す映像世界を、生きた金魚が上下に舞うことで完成する瞬間美を楽しむことができる。


【新江戸金魚飾】
江戸時代に楽しまれた横から眺める木枠の水槽を、プリズム効果をもたらす透明な多面体の水槽として、現代に新たな形で甦らせた。情緒を残しながら、未来を感じる作品だ。


【ギヤマンリウム GIYAMANRIUM】
透明な多面体でプリズム効果をもたらすアクアリウム〈プリズリウム〉の新たなる試み。
 

複数の横のプリズム効果がもたらすのは、全体像を結ぶことが少ない金魚が織り成す幻想的な作品。


江戸時代にダイヤモンドやガラスなどキラキラとしたものを“ギヤマン”と呼んでいることから作品名が名付けられた。


【金魚コレクション KINGYO COLLECTION】
キレイな金魚、変わった金魚、珍しい金魚、可笑しな金魚など、今まで見たことのない金魚が一同に揃う「金魚コレクション」が壁からデコボコと飛び出た大小さまざまな丸いアクアリウムで、新しくなった。
















【カレイドリウム KALEIDORIUM】

水中万華鏡。


横長水槽の側面には三角形のレンズが埋め込まれ、中を覗くと幾何学模様が現れる。


レンズのそばを金魚が泳ぐと、万華鏡を回しているかの様に模様が美しく変化する作品です。


【エレガンスダンス ELEGANCE DANCE】
華魚撩乱。無数の金魚が泳ぐのは上部を覆わない横長の水槽。


この川に見立てたアクアリウムを複数本、ひな壇のように階段形式で展示する豪華絢爛な作品。


横に設置した階段を上り降りすることができ、横からも上からも作品を楽しめる。


【ミニラグーン】
水面が波立たない円形の水盤を優雅に泳ぐ、大ぶりの金魚を上から楽しむ作品群。


飼育が困難なため希少とされる三大地金も一同に会します。


【水中四季絵巻 THE FOUR SEASONS AQUARIUM】
絵巻水槽。


プロジェクションマッピングにより投影された美しい日本の四季の中を本物の錦鯉が泳ぐ全長8mの大作。


日本庭園を思わせるこの作品は、池への景色の映り込みも見事に再現している。


DJ MAYURI さんが音楽を担当。
 

GOCOO −ゴクウ−による和太鼓ライブ。






GOCOO −ゴクウ−は、97年にKAOLYをリーダーに結成された和太鼓バンド。






躍動感あふれる独特なスタイルで全身から打ち出される熱いグルーヴ、パワフルかつ繊細なビート、トランシーなサウンドは、太古の鼓動につながり、新たなダンスミュージックへと進化する。






本展には、アートアクアリウムSpecialの少人数編成GOCOOで登場だ。ものすごい迫力で感動した。


▼会期
2013年7月13日(土)-9月23日(月・祝)
会期中 無休
▼開催時間
11:00-23:30
アートアクアリウム 11:00-19:00
ナイトアクアリウム 19:00-23:30
▼会場
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2−2−1 日本橋三井ホール(コレド室町5F[入口4F])
▼TEL