昨日放映されたテレビ東京の人気グルメドラマ“孤独のグルメ”Season3(毎週水曜日23:58~放送!)ということで、それを祝して孤独のグルメ Season3 第1話で取り上げられた“川栄”(かわえい)に行ってきたので感想をお伝えしたいと思います。(2013年7月11日【木】撮影)




孤独のグルメ Season3 第1話今回、ゴローさんがお仕事で訪れたのは東京都北区 JR赤羽駅だ。そこで彼はメシを食うことになる。JR赤羽駅東口改札から出て北に向かう。

OK横丁を通り過ぎ、更に奥へ進む。

飲み屋街にビニールプールがあるところが赤羽っぽいw ん?そんなことあるかいなww

赤羽で鰻といったら“まるます家”だが、今回はスルーして。

明店街の中に目的のお店はあるのだが、なんだかおかしな行列が・・

おいおい昼間っから並んでるじゃないか。

というわけで本日のターゲット“川栄”に到着。

ランチタイムを避けていたのにもかかわらず行列が、しかたなく13:30に並び始めた。

灼熱地獄の中、待ったのだがなんと6人待ちで90分!

となりにある“もつ焼 堀切 のんき”は行きつけだっただけに隣で休ませて欲しかった。しかし15:00〜の営業だった。

日本酒で有名“獺祭”が置いてあるお店なので後でじっくり飲みたかったが、ココはもう昼からビールの一択しかない。

芸能関係者のサインがズラリっと並ぶ店内。

きょうのオススメも充実。白レバー関係を用意してあるのは新鮮な鶏を取り扱っている証拠。これはかなり期待を持てそうだ。

飲み物も鰻の脂を受け流してくれるような爽やかな飲み物もあって、女性ウケしそう。

川栄おすすめ地酒。なんてたって“獺祭”が置かれているのは嬉しい限り。山口県との関係があることを伺いしることができる。

ほろほろ鶏メニュー。貴重な鶏なんだが、これを初めて生肉で見た時は驚いた。身まで真っ黒なのだ。思わずさばく手が止まった。

岩手県産の鶏肉の他、普通の鶏肉もすべて国産肉を使っているとのこと。

鰻メニューラインナップ。どれもメニューが凝っているのがわかるだろうか。

鰻をどうやって食べるか、実に気になる。最特においては6100円と目玉が飛び出そうだ。

さぁ、ゴローセレクションのお披露目と行きたいところだがすでに、ほろほろ鶏メニューは14:00の段階でほぼ完売しており、コブーセレクションのお披露目といこう。


まずはキリンラガービールの生中ジョッキ。真昼間から90分並んだ自分にご褒美だ。ビアガーデンで飲むとの同じくらい美味い。550円

お通しは鴨肉の燻製ロースト。脂が乗っていて下敷きになっている水菜のポン酢和えと実によく合う。300円

ゴローさんが酔っ払ってしまった奈良漬。200円

ほろほろ鶏の燻製。山桜のチップを使った香り豊かな燻製。

鶏だけに彩りも綺麗w

この店で1番の衝撃!鰻のオムレツ。850円

中を割ってみるとトロトロの玉子にまとわりつかれた鰻さん。

口に入れるとトロトロなんだが、塩気が少なく鰻の香が僕には強すぎるので醤油を加え・・

山椒を多めにふることにした。実に美味い。鰻を巻いた卵焼き通称“う巻き”は良く見かけるがオムレツにする発想は僕にはなかった。

さて、真打登場!僕もゴローさんと気持ちは一緒。鰻丼をオーダー。香の物とお吸い物がついて1800円。

鰻の肝は吸い物よりも焼いたものに限ると思っていたが、ここの鰻の肝はきちんと旨味が残っている。

鰻丼!ちょっと最近バテ気味だったのでこのキラキラとした輝きにウットリしてしまう。

鰻丼どアップ!!ここはご飯も美味しい。コシヒカリを使っているからかな。

香ばしい香りが鼻孔をつらぬき身体の中を鰻の香が尽き抜ける。

決して厚みがあるわけでもなく小ぶりではあったが、鰻を食べる時どうしてもご飯が足りなくなることがあるが、ここでは丁度良い分量だった。

孤独のグルメの原作者:久住さんのサインがあった。

NHK八重の桜でもお馴染み、そしてこのドラマの主人公 井之頭五郎
こと
松重豊さんやゲスト出演していた石倉三郎さんのサインがあった。 

今回イートインのために並んだが、持ち帰りの方は待ち時間なく買うことができるので、時間が無い方にはオススメしたい。

まとめ
鰻のゆるキャラがいる街、浦和出身の僕は結構あちあらこちらで鰻を食べてきたが、これほどくつろげる鰻屋ははじめてだ。

店内でのお店の方の気配りも丁寧でゆっくり鰻を楽しみたい方には持って来いのお店だと思う。

ただ、並んでいる時の配慮にはもう少しサービスして欲しい。まぁ、突然テレビで取り上げられたのが並んでいる理由かも知れないが。是非行く方は、近所の100円ショップで小さいイスと暇つぶしできるグッズを持参しよう。あと、この夏は特に暑い。熱中症対策もお忘れなく!

▼店名
川栄 (かわえい)
▼ジャンル
うなぎ、焼鳥、鳥料理
▼TEL
050-5869-0614 (予約専用番号)
03-3901-3729 (お問い合わせ専用番号)
▼予約
予約可能時間は19時まで。
予約できるテーブル数も5卓まで
▼住所
東京都北区赤羽1-19-16
▼交通手段
JR赤羽駅徒歩 2分 
南北線・埼玉高速鉄道岩淵駅 6分
赤羽駅から261m
▼営業時間
[月~火]
[木~日] 
11:30~22:00(21:30L.O)
昼休みなしの通し営業
日曜営業
▼定休日
水曜日(但し水曜日が祝祭日の場合、翌日の木曜日が休日となります)
▼席数
34席 (1Fテーブル14席、2Fお座敷20席)