大阪の街中やデパ地下に必ずある551蓬莱。



製造過程が見える店舗もあり、見ても味わっても楽しい美味しいというのがモットーだ。神戸SOGOにも出店しているが、いつも行列している。関西の主要都市は制覇しているといっていいだろう。


今回は、551蓬莱 南海なんば駅店で購入。


点心やいろんなものがあるが、今回は“豚まん”1個買った。160円という価格でコンビニの肉まんと値段がそう変わらないのが魅力的だ。


ここの豚まんの特徴は“かわ”がモチモチふっくらとしていることだ。


コンビニの肉まんは時に、かわがベシャベシャして食べられたものではないが、蒸し器から直接買える551蓬莱の豚まんは期待を裏切らずいつもモチモチふっくらしている。


また、中の豚の“あん”がギッシリ豚肉と玉ねぎとコショウが効いて食べ応え満点。朝飯ならコレ一個でも構わないくらいだ。 


まとめ
551って変わった名前だと思って調べていたら551のサイトに面白いストーリーがあったのでご紹介しようと思う。名前の由来がなんとなくカレーハウスCoCo壱番屋に近い点が気になるが。
【 セット 販売 】 蓬莱 本館 豚饅 3個 6袋 セット
551蓬莱 沿革
蓬莱は昭和20年 大阪難波の地に故 羅邦強(株式会社蓬莱前会長)と、あと2人の仲間によって産声を上げました。やがて3人は中国語で桃源郷を意味する「蓬莱」を血のにじむような努力で成長させていったのです。そして更なる発展のための3人はそれぞれ、蓬莱本館・蓬莱別館・株式会社 蓬莱 と、独立して事業を続ける事にしました。

その頃、羅邦強は、自分の店を、もっとお客様に親しみやすく、覚えて頂きやすくするために、何か良いアイデアがないかを考えていました。しかし、なかなか良い案は浮かびませんでした・・・。
 
ある日、一息入れようとタバコに手を伸ばしたときにひらめいたのです!!その頃、羅邦強は外国産の555(スリーファイブ)というタバコを吸っていました。その数字が目に飛び込んできたのです。漢字やカナ文字は中国や日本でしか通用しません。また、横文字は、その当時の日本人にはまだまだ馴染みがないものでした。しかし、数字なら覚えやすいし、万国共通です。

また、その当時の本店の電話番号が64-551番であったこともあり、「味もサービスも ここ が いちばん を目指そう!」という意味を込めて、551蓬莱 の名前が生まれたのです。