2013年6月29〜30日に開催された郡上おどりin青山。今年で20回目を迎え。去年より増して、参加者が多かったような気がした。今回はその活気ある郡上おどりの様子をお届けする。



関連記事→【関東】東京郡上人第1回交流会に参加した感想 

去年と違って、両日ともお天気に恵まれた郡上おどりin青山。



昼間っから熱射を浴びて体感気温は30℃を超えていたであろう。


生お囃子の前になにやらはじまりの合図が。


郡上おどり講習会だ。初心者や通りすがりの人でも楽しんでもらえるように郡上おどり保存会のメンバーが先生となって踊りの実演を解説つきで教えてくれる。うん?でも待てよ?!


うほ!この先生は現地で僕らが以前講習会の時に教えて下さったあの先生だ!とにかく教え方が上手くてはじめて連れて行った仲間もすぐ踊れるようになった、あの時の先生だ!ただちょっとスパルタ気味で大人になって学校の先生に叱られているそんなおっかない(失礼)改め楽しい先生だ。なつかし~♪


この先生の指導に合わせて現地郡上から応援に駆けつけた若手女性も本家本元のお手本となる踊りを披露して下さった。


これにつられて、ワラワラと人が集まりだした!


さぁ!本番のはじまりはじまり♪


時間とともに踊り人口密度が高くなっていく。


高台から降りて地上ではこんな感じ。あまりに人が多すぎて踊りにくいがこれはいつものこと。


屋形に乗ってるお囃子の皆様は暑くないのだろうか?日中帯にこの屋形に乗ることがあまりないだけに少し心配してしまう。


関東で郡上おどりを昔から取り組まれてきた友人に誘われ、郡上おどり個人コンクールコンテストに出場した!


賞こそ取れなかったけど、評価されているという感覚を持って踊るとものすごい集中力を強いられる。気合いを入れて郡上おどりの基本曲“かわさき”を舞った。



まとめ
岐阜県郡上市というところは観光産業を売りとしている。広く多くの方に郡上の魅力を知ってもらおうと毎年行われている今回のイベント。

郡上おどりにのめり込むと実は単なる観光産業の一環ではなく、様々な深い歴史やドラマがあることを知ることになる。

その入口として、今回のような素人でも楽しむことができるイベントがあり、非常に重要で毎回参加者としても新たな発見があり楽しまさせて頂いている。とにかくより多くの方にこの郡上おどりの魅力を知ってもらいたいので最後に動画で面白さが伝われば幸いに思う。







▼日時

2013年6月29〜30日【土〜日】
▼会場
港区北青山2-8-35 秩父宮ラグビー場内 駐車場
▼交通機関
地下鉄銀座線「外苑前」 3出口 徒歩3分
▼ タイムスケジュール(予定) 
13:00 郡上物産展 販売開始
15:30 踊り講習会
16:00 郡上おどり 開始
17:45 お楽しみ抽選会
19:30 おどり終了(6/30【日】は19:00で郡上おどり終了)

大きな地図で見る

【過去記事紹介】→郡上おどりin明治学院創立150周年記念“戸塚まつり2013”感想