二回目のサイコロをふった我々は一路、秋田県横手駅を目指し、ひたすら電車を乗り継いで行った。途中乗り換えの、ちょっとした時間を使ってご当地名物を探すのがこの度の楽しみ方の一つだ。今回は我々が買った3時のおやつを紹介しようと思う。


こちらの記事もどうぞ!→震災復興祈念!いわき市についた!「青春18きっぷサイコロの旅 第16弾 みちのく道中膝栗毛」

こちらの記事もどうぞ→め~んずスタジオ企画「青春18きっぷサイコロの旅 第16弾みちのく道中膝栗毛」


米沢牛の駅弁といえば、新杵屋の“牛肉どまん中弁当”を想像される方も多くいらっしゃるだろう。


いっけん創業が大正10年と古く歴史あるように思われる。しかし、実はもっと古くから米沢牛弁当を手がけているお店があったのだ。それが明治32年創業“松川弁当”だ。

そんな松川弁当は、牛肉どまん中弁当同様、社団法人 日本鉄道構内営業中央会にも参加している。


東京の催事場では牛肉どまん中弁当がメジャーで先行しているが松川弁当の方が、より元祖よりの弁当屋だということが調べていくうちにわかったきた。

そんな元祖の味を我々は堪能しようということで米沢駅構内の駅弁屋さん2社にインタビュー。その後購入してみた。


今回買ったのは、新作で米沢駅でしか買えない“本格 炭火焼肉弁当”だ。


松川弁当のプライドの高さを感じさせるそんな包みだった。


さぁ、開封していこう。


米沢牛が香ばしく温かく5枚も厚切りのお肉がのっているではないか。


見よ!この質感!!口の中にいれるとホロリと口どける。良質な牛肉は冷めても美味いというが、熱々ではなかったとはいえ、十分に美味しいお肉であることがわかった。


お肉の下には、米沢牛しぐれが敷いてあった。


オプションの味付け煮玉子が脇役として準主役のポジションにいた。


割ってみるとこんなんだ。


この弁当に驚いたのは脇役のキムチとナムルもしっかり美味いということだ。牛肉にコストがかかるため手を抜きがちになりそうだが、しっかりとした味わい。存在感十分の脇役たち。君たちと出会えてよかったと思う瞬間だ。


余力があれば他の弁当も買ってみたかったが、それは次回に持ち越し。駅弁は旅のおともに必須なものだ。ぜひ、列車の長旅の中でじっくりじっくり味わってもらいたい。

こちらの記事もどうぞ→アクションカメラ スポーツカム『ADIXXION GC-XA1』を買った感想。