讃岐うどん巡り初日。さすがに立て続けにヘビーなうどんを食い続けたせいか、我々一行は腹ごなしに観光スポットとして有名“瀬戸大橋記念公園”に行ってきた。
(写真提供:@muusan31に感謝!)

こちらの記事も是非ご一読を!→むーさんブログ:こぶさん in 瀬戸大橋記念公園 

うどんを食い続けていると、食べるという行為に非常に感謝したくなる瞬間がある。加えて、こんなに美味しいものを食べさせてもらえる日本という国に対し、心より生まれてきて良かったと思う。こちらの記事もどうぞ→讃岐うどんランキング!厳選!激旨うどん屋 BEST “7”


“空は広く高く青く澄んでいなければならない”そう、明治時代の剣客が刀を置くその日まで、心の中に置いていたことばだ。


急な登り坂で、弟分のわっちんが手を差し伸べてくれた。


公園から見える風景に瀬戸大橋という巨大な建造物。富国強兵を目指した時代、人々から切望されていた希望の架け橋だったことが、資料からわかった。これがなかったら四国は日本の中で鎖国していたのだ。


大志を抱き前へススメ!と叫んでみた。気分は、明治の元剣客。


そして、我々は瀬戸大橋ミュージアムと瀬戸大橋タワーへと向かった。瀬戸大橋タワーは、瀬戸大橋の開通を記念して、1988(昭和63)年3月20日から8月31日まで「瀬戸大橋博覧会」が岡山と香川で開催され、その香川県側の会場となった坂出市番の洲の一角に、アミューズメント施設として瀬戸大橋タワーが建設された。

瀬戸大橋タワーは、高さ108m、360度の景色を眺められる回転式展望塔で、展望室部分が回転しながら昇降するタイプのものでは世界一の高さ。


キャビンは右回り。約1分で1回転し、所要時間は約10分。瀬戸大橋の計画から完成までのあゆみを解説をお聞き戴きながら、キャビンが上昇し、頂上部で約3回転後下降する。


最後に兄弟仲良く2ショット!腹ごなしの運動には実に良かった。


■瀬戸大橋記念公園
▼住所
〒762-0065 香川県坂出市番の州緑町6番地13
▼TEL0877-45-2344

大きな地図で見る