今年も香川県(うどん県)に、讃岐うどん巡礼しにやってきた。高松空港で今回、初同行の@muusan31 がデザインしたANAのパンフレットを発見!幸先のいい旅のはじまりとなった。


東京も寒かったが、香川県は到着したとき雪が降っていた。
羽田空港↓


高松空港↓今年で3回目の大雪とのこと。


レンタカーを借りて、シガーソケットからMBAや他のガジェットに電源を供給して、いざ出発。


讃岐うどんといったら、まずはココへいかなくてはならない。讃岐うどんの聖地といっても過言ではない“谷川米穀店”だ。讃岐うどん店の中でもかなりの行列だが、回転率がいいのでさほど行列という感覚がない。


自分でうどんを席まで運ぶセルフ式で、温かいうどんか?冷たいうどんか?オーダーを聞かれ、食べ終わったら代金を支払うシステムだ。


美味しい讃岐うどんかどうかを味わうには、冷たいうどんをオーダーすると良い。


四国の清流で磨きぬかれた讃岐うどん。なんて美しい色だこと。うどん小は120円。


ただ、寒くて冷えると困るので、お代わりができるシステムだったので温かいうどんもこの後頂いた。


食べ比べてみるとわかるが、うどんのツルツルシコシコといった歯ごたえや、気持ちいいほどの喉越しを味わいたいなら冷やしうどんを。うどんの香り、柔らかい触感を楽しむなら温かいうどんをおすすめする。とくにかけだしは温かい方が風味を楽しめる。


讃岐うどんは食べ方が単調なので、トッピングを入れて味に変化をつけることで色々な楽しみ方ができる。


ここでは“ゆずすこ”なるものがあった。柚子胡椒の一種だそうだ。


お友達のmuusan31ブログでも記事にされていたのでご参考まで→うどん巡り1軒目、ピカ一旨かった谷川米穀店のうどん 


▼店名
▼TEL
0877-84-2409
▼住所
香川県仲多度郡まんのう町川東1490
▼営業時間
11:00~13:00
ランチ営業
▼定休日
日曜日
▼駐車場
有(10台位 酒屋さんの道をはさんだ前に駐車場があります)

大きな地図で見る

讃岐うどんの真髄を味わった一行はこれから、様々な讃岐うどんを味わっていくことになる。長編作に仕上げていくので今後に期待してほしい。また、最後の〆の記事には僕が選んだ讃岐うどん屋、kobuさぬきBEST5をご紹介する。