2013年2月6日【水】関東とくに首都圏ではかなりの大雪が見込まれたがさほど積もるような事がなかった。交通機関の間引き運転には悩まされたが。


こちらの記事も参考にどうぞ!→【雪道便利グッズ】普段の靴が滑らない靴へと大変身!“コンパル ワンタッチ滑り止め” はモバイルできる! 

今季、首都圏で大雪を降らせたのは、今回で2回目だがみなさんは雪かきをどう感じただろうか?家族総出で雪かきに費やした労力はかなりこたえたのではないだろうか?

なんでも地方では雪かきボランティアやバイトがあるようだが、関東ではなかなかお目にかかることがない。


家の前の除雪をしなければ、すべって危険だから必ずやらなければならない。これはある種の強制労働だ。ただ、これを強制労働と感じるのではなくダイエットするチャンスととらえるとどうだろう?

そう考えると雪かきは、どれだけカロリー消費につながるのか?ダイエット効果はどれほどあるのか?気になる消費カロリーを調べてみた。
「活動に伴うカロリー消費量」を計算するために、「身体活動と運動の強度(METs)」という指標がある。運動によるエネルギー消費量が安静時(座位)の何倍に当たるかという指標だ。これを使って消費カロリーを計算してみよう!詳しい表は、こちらをクリック!

METsは単位時間当たりの値なので、これをどのぐらいの時間実施したかで実際に実施した運動量が決まる。この運動量のことを「エクササイズ」とする。
METs × 実施時間 = エクササイズ
仮に3METsという運動を2時間実施したとすると、3METs × 2時間 = 6エクササイズということになる。

ところでこの「エクササイズ」という単位は「Kcal」ではないから、直接消費したカロリーについて言及してはいない。「エクササイズ」から「Kcal」への換算は以下の簡易換算式で求められる。
エネルギー消費量(Kcal) = 1.05 × エクササイズ(METs・時) × 体重(kg)
参考までに、スコップでの雪かきは、家財道具の移動・スイミング・ジョギング・ウォーキング・サイクリング(軽め)・ウェイトリフティング(きつめの重さ)に相当するようだ。これを機に人気があるスコップなどを紹介しよう。(一部そうでないものもあるけど)