先日、Appleのラッキーバックで“当たり”を引き当てたので、こんな記事をかいた。2013年AppleStoreの福袋 当たりの中身を公開!

見事当たったその秘訣とは?そんなものは、たんなる“運”だという結論だ。しかし科学的には解明できないはずだ。


そのたんなる“確率”の問題だが、僕がとった行動を振り返ることで、こうすれば当たるのでは?と思ったことを検証してみようと思う。


▼当たりの秘訣① おせち料理を食べた。
ぼくらが徹夜行列している間、一番に幸福を届けにきてくれたのは、応援に駆けつけてくれた@muusan31さんだったのではなかろうか?


もともとFacebookでおせちを食べながらAppleラッキーバックの行列に並ぶというイベント。おせちは、通販でお取り寄せおせちの中でも一番人気のおせちを、わざわざお重に詰め替えて持ってきてくれたのだ。ありがたや〜。


中身をみてもゴージャスで色とりどりな、おせちがズラリ!コブもゴロリ!


おせちは保存食としても有名だが、それぞれに意味があるのをご存知だろうか?


注目して頂きたいのは手前の“栗きんとん”だ。


豊かさと勝負運を願って、黄金色に輝く財宝にたとえて、豊かな1年を願う料理。日本中どこにでもある栗は、山の幸の代表格で、「勝ち栗」と言って縁起がよいとして尊ばれてきた、おせちでは定番だ。


そんな、おせちとラッキーバックを結びつけたのが、@muusan31の手作りおむすびだ。


▼当たりの秘訣② ガリガリ君を食べた。
つづいては、ぼくたちモンハン仲間である@chorinkoさんだ。こんな寒い日だからこそコーラと・・・


ガリガリ君ソーダ味を差し入れしてくれた。これも縁起物だ。


寒いー。


冬に食べたことがなかったので、なんだか新鮮な感じだ。一本当たりの文字を探したが。


▼当たりの秘訣③ エナジードリンクを飲んだ。
顔出しNGな@f_godaiくんが、モンスターエナジーを差し入れてくれた。エナジーもらいましたよ!感謝! 


以上、そんなこんなでいろんな方達(一部紹介できない小さいお友達含め)のご縁とご支援が、今回のAppleラッキーバックで“当たり”を引き込んだのではないかと推測している。自分ひとりの運だけでは到底叶わなかった願いだったのだ。応援してくれたみんなに改めて感謝したい。ありがとう!!