先日、下記の通りEMOBILEから発表された!



話を整理すると、EMOBILEは下記のように景品表示法に違反をしたため、不当景品類及び不当表示防止法に基づく措置命令に従ったとのこと。
①『通信速度最大75Mbps』・『EMOBILE LTE』 エリア東名阪主要都市人口カバー率99%(2012年6月予定)と表示したものの実際は、そのような計画はなく、75Mbps対応基地局が開設されていた地域は、東京都港区台場及びその周辺地域のみであったこと。
②EMOBILE LTEを利用するためのデータ通信端末である「GL01P」又は「GL02P」の下り通信速度は、最大でも30Mbps程度となるものだった。
以上、この2点の違反から再発防止のため一層の管理体制強化に努める所存とのこと。
目に見えない理論値である電波。実際公表されているデータを検証するべく計測するのは難しいと思う。ただ、端末そのものが欠陥商品だったことを隠していたことは許されるものではない。

そこでどのような管理体制強化するのか疑問に思ったので確認すると詳しく話してもらえなかった。しかし、GL01Pを所有している僕に対して下記のような提案があった。
①EMOBILE新機種であるGL04Pを無償提供するので、個人でGL01PのSIMカードの交換作業を実施してもらい使って頂きたいとのこと。GL01Pは返却する必要はないとのこと。
②①で満足できない場合は、違約金¥0−で解約手続きに応じることもできるとのこと。
EMOBILEの誠意に心うたれた僕は、さっそくGL04Pを送ってもらうことにした。確認の電話をこちらからした翌日には商品が到着したので迅速な対応といえよう。



GL01Pとの違いは電源ボタンの位置にある。

 
大きさも以前よりも小さくコンパクトになった。

 
厚みは以前よりも増したか?

 
SIMカードを自分で移行して端末設定するだけで使えるようになる。

 
しばらくこの機種を使ってEMOBILEを静観しようと思う。少しでも満足がいかない場合は解約も視野に入れ対応しようと思う。