ブログネタ
洋画 に参加中!


アクションスターになりたいと小さい頃ずっと思っていたkobu0203です。



「007」シリーズの第23作で、「カジノ・ロワイヤル」「慰めの報酬」に続きダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる『007 スカイフォール』を浦和PARCOのユナイテッド・シネマ浦和のアイマックスデジタルシアターで観て来た。

 
▼ストーリー
各国のテロ組織に潜入している工作員を記録したMI6のハードディスクが何者かに奪われ、ボンドは犯人を追いつめるが、MI6の長官Mの命令で放たれた銃弾に撃たれ、橋の上から谷底へと落ちていく。


Mはリストが奪われた責任を追及され辞職を迫られるが、これを拒否。しかしその直後、リストを奪った犯人によりMI6のオフィスが爆破され、さらなる犠牲者を出してしまう。このニュースを見たボンドは再びMのもとへ舞い戻り、現場へ復帰。犯人の手がかりを求めて上海へと渡る。

 
今回のようなアクション映画の大作を観るには、アイマックスデジタルシアターで観るにかぎる。
アイマックス・デジタルは、2008年から行われているデジタル上映方式。映写機には、テキサス・インスツルメンツ社の2KDLPプロジェクターが採用されている。


3D上映時には2台のプロジェクターを使用するため他の3Dシステムより明るいのが特徴だ。通常の映画館より大きく正方形に近いスクリーンを持ち、広い視野角により映画の中にいるような感覚を強めるために座席が急勾配に傾斜している。


大迫力な映画を観るにはこれで観るとかなりの迫力を体感できる。是非オススメだ!


▼IMAXで観るならココ!