まだおモンハン部(注1)美人片手剣使いの“ユリ坊”が企画する日本酒をたしなむステキなイベントにいってきた!!


注1:秋葉原まだおカフェにてモンスターハンター3Gをやっていた愉快な仲間たち
※お詫び:ユリ坊は、かなりの美人さんのため、全部をお見せすることはできません。ご容赦ください。
彼女は最近日本酒に惚れ込んでいるようで、日本酒に対する取り組みがとにかくスゴイ。一升瓶を抱えて討ち死にしてもおかしくないほど真剣に日本酒に向き合っているのだ。


いろんなお酒を買い込んでは、自宅でそれに合う肴を作っては飲み比べる程の愛飲家。一升瓶が抱っこされている。羨ましい。


日本酒備忘録を拝見するとかなりの種類を試しているユリ坊。写真を撮られ慣れているせいか、カメラ目線とポーズを意識してくれた。ありがとう。


そんな彼女が企画するイベントなのだから間違いなく美味しい企画なはずだ!ということで、プロブロガー@asuka_xp日本酒愛飲化拡散計画と称しブロガーとして参加させて頂くことになった。

なんかいつもより目が座っていてこわい@asuka_xp 。 


さて、会場である串駒さんに到着。今回は二階席を貸切だ。


やはり日本酒を推進されていた。


きき酒っぽいセットが既に組まれていた。


今回持ち込みが可能だった。まだ世に出回っていない蔵元の新作を、とあるルートから分けて頂いているので公開できないのが残念だったが実に美味い。日本酒の特徴や味わい方を周囲から、わかりやすく教えて頂くことで日本酒の見聞を広めることができた。


石川県・富山県名物『いしり餅』。イカ由来の魚醤を塗って炉端焼き。香ばしい香りが食欲を誘い、酒がススム。


お店の方がこんがり焼いて下さって実に美味。


刺身盛り合わせが奇跡のような美味さ!


鶏の手羽先と大根の煮物。あっさりとした味わい。


キングサーモンの木の芽味噌。あぶらが程よく乗ったサーモンと味噌が実に合う。出会いのものとはこういうものなのかもしれない。


左から、いぶりがっこのクリームチーズ和え・鯉の肝の煮物・ほや。どれも日本酒に合う。


さつま揚げ。蕎麦屋でもよく頼むが、カンされた日本酒と合うと思う。


メインは鍋が二種!あんちゃんが鴨を持ってきた!ユリ坊!ネギはまだか?


ねぎカモーン!


もう一種類は鱈とイカが入った、いしり鍋だ。


最後に大根を鬼おろししたのを乗せて頂く。甘みが加わり食べやすい!


余熱で火を通すのがポイント。いしり鍋はイカの旨味が凝縮された美味さでイカ料理No.1だと思ってる。北陸にイカれたら是非味わって頂きたい逸品だ。ちなみにこの鍋の奉行は僕です。


〆はイクラを散りばめたオジヤ。このオジヤただものではなかった。卵とご飯がトロトロなのだ。どうしたらこんな雑炊が作れるのか知りたいもんだ。


日本酒の会なのにあまり日本酒について掲載できなかったのは話に夢中になってしまったからだ。意識がしっかりしている内におさめた写真がユリ坊中心だった(笑)次回は、お酒についても詳しく写真を織り交ぜ記事にしたいと思う。

我々一行が今回お邪魔させて頂いた串駒さんは“蔵元を囲む会”というステキな企画をされるお店で、 2012年度は4月:仙禽、6月:而今、7月:天明、8月:十四代、9月:新政、10月:佐久の花・・・と蔵元をお呼びして宴を催しているそうだ。次回は是非お邪魔させて頂きたい!

▼店名
▼TEL
03-3917-6657
▼住所
東京都豊島区北大塚1-33-25
▼交通手段
大塚駅から徒歩4分
巣鴨新田駅から282m
▼営業時間
[金・土・祝祭日の前日]
18:00~翌02:00
[火~木・日]
18:00~24:00
夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、日曜営業
▼定休日
月曜日

大きな地図で見る