昨年10月からスポーツダイエットをして12kg減量に成功し、すこしお腹がへっこんできたコブです。


腹がでるようになってからバインディングがなかなかシメられず、スノボーを敬遠するようになり早6年!スキーに逃げていたが、満を持して復活することにした今季。


会社の同僚のN田係長とシーズン・イン前に肩慣らしと道具のセッティングを確認するべく、埼玉県狭山市にある西武リゾートの一つ、狭山スキー場に行って来た。


想い起こすこと25年前、小学校低学年の時に父にスキーをはじめて教わったのがここであり、懐かしくもあり雪山に興味をもったキッカケを作ってくれたところでもある。


狭山スキー場は人口スキー場で、関東ではおそらくココしかもはや存在しない貴重なスキー場だ。
狭い上に、シャリシャリ氷の上を滑走するわけだが肩慣らしには丁度いい。


我々は、夜中の1:00頃に到着し、明け方6:00まで滑ろうと計画しており、そんなに人もいないだろうとたかをくくっていたら・・・
とんでもない誤算だった。えっ?リフトに長蛇の列?


なにかの勘違いかと思ったら。夢ではなかった。


人多すぎで笑うしかない。みんな若い年齢層が多い?!考えてみればラウンドワンで一晩オールしたと思えばこっちに人が流れてきてもおかしくない。


リフトの上に登っても人は多かった。


しかたがないのでガンガン滑ろう!


去年からスノボーをはじめた、N田係長。腕前よりも道具を揃えて得意げ!気合入ってまっせ!!


集中して滑っていたのでアドレナリン大放出!眠気がやってこない。


記念撮影したぜ!

 
だいぶ勘は取り戻せてきたがまだまだ、リハビリが必要だった。

 
ここの夜の時間帯の営業は下記のURLをご参照いただきたい。
狭山スキー場 営業時間

大きな地図で見る