10/24【水】深夜に発表になった米Appleが発表したiPad miniについて、性能や機能が明らかになり様々なメディアで取り上げられるようになった。

ただ、iPad mini購入にあたって、“買うべきではない”という記事をよく見かける。
そういうマイナスな情報を、うのみにして頂きたくない僕としては購入を迷っている方へ提案がある。


それは、『日常生活の中で使うシーンを想像してみること!』だと思う。

衝動買いや、みんなが持ってるからという曖昧な購入をするのではなく、iPad miniを購入することで日常生活で役立つもなのか?どういったシーンで使いたいのか?自分のライフスタイルにどう溶け込ますのか?是非、これを機に想像してみて欲しいのだ。


ぼくの場合・・・
①家でTVを見ながら寝っ転がっている時にリビングに一台iPad2を置いて、CMの間にtwitterやメルマガ・ブログ閲覧などで使っている。

②通勤時間、座って60分移動する時間があり、最近はMBAを開いてブログなどの制作時間にあてている。しかし、時に座れないことがあって、その時間片手で操作できるガジェットとしてiPhone5を使っている。

③会社の会議やお客様内覧会のときにメモをしたり、マニュアルをデータ化してiPad2の中に入れ持ち歩いている。

以上3点が、ぼくの日常でガジェットを触っているシーンだ。その①〜③の間でiPad miniに切り替えて現状よりもメリットがあるか否かを考えた。

 
結論からいうと僕にはiPad miniは必要ないかもしれないということ。iPad miniじゃないとイケナイ理由がイマイチ見いだせないのだ。

 
ライフワークの中でiPad miniをどのように利用すると効果的か?こんな使い方もあるよ!といった提案はこれから発売されてからどんどん出てくると思う。


是非、お近くの家電屋へ行って実機に触れてみて、想像して欲しい。道具に使われるのではなく使う立場として活用術をじっくり練ってもらいたい。Appleのガジェット複数台所有しているぼくは今のところどれを買ってもなくてはならないアイテムだと思っている。

 
みなさんのニーズに叶ったとき、はじめて買ってよかったと思える買い物であって欲しいと切に願っている。