噂には聞いていた福島県白河市を中心に、たべられている“ご当地ラーメン”のお店だ。


JR白河駅から徒歩10分。炎天下の中を我々一座は極上の白河ラーメンを求めんと必死に行軍した。あと少しで、とろけるところだった。


ランチタイムギリギリに滑り込んだため、お客は少なく待ち時間なしで座敷へと案内された。



僕がオーダーしたのは“チャーシューワンタンメン”。ランチタイムは半ライス無料とのことだったので遠慮なくいただいた。半ライスがつくところってスープの味もだいたい濃いというのが一般的。白河ラーメンも、ラーメンライス(食べ方技法はいつか披露)ができる店だった。着丼したのでラーメン分析をした。



スープは濃い目の醤油ベース。豚骨、鶏ガラがメインで、海産物はあまり使われないようだ。

 
麺は多加水の中太縮れ麺を使用。
フォトストリーム-945

具はネギ、チャーシュー、メンマ、鳴門巻き、ホウレンソウ、肉わんたん。



わんたんのノドコシがたまらない。


特筆すべきは、チャーシューは炭火で焼いて香ばしさをプラスして、醤油で煮るスモーク的なものだということ。



東京でもなかなか巡り会えない手が込んでいる、かなりクオリティーの高いチャーシューだ。

全体的に昔ながらのラーメンで、どこかなつかしい東京ラーメンを思い起こされるラーメンだった。これからもこの伝統的な“ご当地ラーメン”を守り続けて欲しいとせつに願う。


店名:手打ちラーメン 英 (はなぶさ) 

TEL:0248-22-1250

住所:福島県白河市二番町6

交通手段:JR白河駅より徒歩10分

営業時間:11:00~15:00,17:00~20:00

ランチ営業、日曜営業

定休日:毎週木曜日、第3水曜日