無形重要文化財であり、日本3大ロングラン祭(8月中毎日開催)で有名『郡上おどり』の2012年度の幕開けだ。第19回  郡上おどりin青山
 
 





6月30日(土) は大学時代からの友人@asuka_xpと、7月1日(日)は、アメリカからバカンスで来ている叔母夫妻と家族でイベントに参加してきた。

このイベントは郡上物産展の販売や踊り講習会、郡上おどり本番、お楽しみ抽選会など盛り沢山な内容で、郡上おどり関連のイベントでは関東最大級の規模だ。

会場は、郡上八幡市と縁のある港区北青山にある、秩父宮ラグビー場内 駐車場で毎年開催されており今回で19回目、たくさんの人で賑わってた。
 
そんな中、我々はお目当ての郡上おどりを踊った。8割は占めるであろう浴衣姿。初めての人でも気軽に参加できるこの踊りは全10曲、10種類の踊りがある。美しく踊るには相当な修練が必要だが楽しく踊るなら問題ない。楽しく踊ることこそ郡上おどりの醍醐味なのだ。

また、日が暮れると提灯の灯りがボンヤリと幻想的な雰囲気をかもしだす。見ているだけでも楽しめるのが郡上おどりなのだ。

8月の本番まで高まるボルテージ、今後も郡上おどりの魅力をちょいちょいブログの中で紹介して行く。