埼玉県民には馴染みのある5号池袋線から3・4号線に抜けるルート。首都高環状線が狭い上に飛ばす車両が多くいる為危険や、渋滞回避の為に最近できたC2山手線を使う方も多いことだろう。

車で通る分には快適でいいかも知れないが、バイク乗りには拷問とも言える難問が待ち受けている。

それは、地熱だ!

換気がまるで行われていないのか、この異常とも言える昨今の猛暑と、車のエアコン利用時に排出される熱風がトンネル内にこもっているのである。冬ならまだしも、夏の間はサウナ状態だ。車の中から外気を測った方の情報によると、42°cを超えるとか。通常に走る分なら何とか耐えられるとは思うが、渋滞時はもうライダーには拷問と言わざるを得ない。

ここで車の方々は、安心してはならない。トンネル内で事故にあったり、エンコした時エアコンが使用出来ない時などを考えてもらいたい。外に出てみればそんな環境に身をさらす事になるのである。

【kobu’s EYE】
余裕があるならC2使わず環状線を使う事をオススメする!